読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2弾 英語で学ぼうロボットプログラミングイベント開催 

ロボットプログラミング

11月20日日曜日朝10時半、青空が広がり春のような暖かさ。東工大・大岡山キャンパスに小学生1~5年生まで33人がイベントに集まってくれました。

3人1チームで、東工大お茶の水女子大、青山学院大学横浜国立大学などの学生プラス主催者の10人が各チームのサポート役について、最強のロボット作りに挑戦。その前に、チーム同士、コーチとチームの子供たちによる英語で自己紹介からスタート。

「英語であいさつできた」とグー!の合図をくれる小4の男の子、「初めての英語で自分の名前を言えた!」と喜ぶ小1の女の子など、10分の英語であいさつは、意外なほど盛り上がりました。

そして次に、「なぜプログラミングに英語が必要なのか」、みんなで考える時間を設けてから、プログラミングで使う英語表現を学んで、実践のロボットプログラミングへ進みました。

待ちに待ったプログラミングの基本操作を学んだあとは、チームでロボットを動かして競う双六ゲームの時間です。スタートからゴールまでの間に、+の点数とクイズでゲットできる得点のマスを通過して、ゴールに到着するすごろくゲームで、得点を獲得します。得点獲得のためには、どうやってロボットを動かせばよいのか、チームで考えて、プログラミングを構築していきます。まずは、トライ&エラータイムで、実際にロボットを動かして、うまく動かなかった点をプログラミングで修正していきます。意外とゴールまで到達するのが難しいのか、ロボットが途中でフィールドの外へ脱線してしまい、パソコンに戻って、プログラミングし直す子供たちの姿が見られました。

クイズは、プログラミングの英語表現で学んだ単語をもとに作られたジェスチャーゲームなど、たとえば、Turn left、体で表現してみて、に、子供たちは真剣そのもので、答えていました。

ゲーム終了後は、得点を発表して、1、2、3位の表彰です。小さなクリスマスギフトに子供たちは大喜び。最後は、どうして英語を学ぶと、世界が広がるという話で締めました。

あっという間の2時間。最初は親に言われて嫌々参加していたお子さん方が、笑顔で楽しかったと口々にしてくれて、イベントを主催してよかったと思える瞬間でした。

スタッフの皆さんに感謝です! お疲れ様でした。

 

f:id:futurekids-english:20161130210338j:plain

韓国ソウル 私立小学校の英語早期教育禁止 驚きの判決

早期英語教育

日本では2018年以降、小学3年生から英語の“聞く”、“話す”に重点を置いた外国語活動が、小学5年、6年生で“読む”、“書く”などを含めた英語を教科として指導することが始まる。品川区の区立小学校では2014年より、1、2年生で20時間、3~6年生で35時間の英語学習活動がすでに区独自政策により導入されている。日本に先立って英語教育に力を入れ、日本以上に高い英語レベルを獲得している近隣の国、韓国では、1997年に小学校に英語教育が導入された後、2012年に小学校の英語は、小3、4年で週2時間、小5、6年で週3時間の活動が制定された。日本の公立小学校より、英語教育時間は少ない。

韓国は、低学年からの英語教育には慎重に対応しているのか、今年2月に、私立小学校低学年を対象とした早期英語教育“イマージョン教育”を禁止とする判決が、ソウル裁判所で下された。2013年9月に、ソウル教育省が、集中的な英語教育を行っている私立小学校に対し、小学1、2年は英語学習ゼロ、3年~6年までは週2、3時間以内に制限するよう勧告を出した。つまり、公立小学校との差をつけてはいけないということだ。もちろん、この決定を不服とする保護者約1,276人が教育の自由に抵触するとして、裁判所に訴えたが、裁判所は、教育省の決定を支持し、2つの言葉を同時に学習することは、母語の習得の妨げになるとして、保護者の訴えを退けた。

さらに、教育省は2017年度から子供の負担を軽減するため、小学校や中学校での英語教育時間を削減する案を示した。時代に逆行した教育省の方針に、保護者は怒り心頭。英語教育を優先していた韓国が一転して母語の習得の重要性を説くのは、なぜなのか? 低学年時に2つの言語を同時に学習することが、母語の習得の妨げになるという主張が正しいかどうかは、様々な専門家の意見があってよくわからない。あくまでも私の考えですが、早期英語教育は、母語によって効果のあるなしが決まるように思うのです。同じ英語の語源であるラテンやゲルマン言語圏しかも思考回路の似ているこれらの国では、相乗効果があるように思うのですが、まったく異なる語源の日本語や韓国語や思考回路の違う日本人や韓国人などに、当てはまるのでしょうか? 母語の習得に少なからずとも影響を与えると思うのです。どう思いますか?

英語で学ぼうロボットプログラミング イベント11月開催!

ロボットプログラミング

「英語で学ぶロボットプログラミング」イベントを、2016年6月10日午後1時~5時の2部制で小学生向けに実施した。東工大の学生団体「Robogalsロボギャルズ」とコラボしたこのイベントに、小学1年生~中学生2年生まで計36人が集まった。留学生や帰国子女5人のインストラクターが英語で教えるプログラミングに、子供たちはものともせず、PCを動かし、あっという間にロボットを自由自在に動かすまでマスターした。

プログラミングは英語で書かれている。子供たちに英語をもっと慣れ親しむ環境を用意して、子供たちが英語の理解力を深めることができれば、もっと自由にプログラミングもマスターできるはず。という思いで、次回11月20日(日)も東工大でイベントを実施します。さらにパワーアップしたプログラムを用意しているので、ご興味のある方はご連絡ください。

f:id:futurekids-english:20161019174503j:plain

NOホームワーク? 米国の小学校事情

小学校 教育

都内の公立小学校、それも宿題量が多いことで有名な学校に通う4年生のわが息子の宿題の量が年々減っているのでは、と心配になっている。この学年から塾に通う子供たちがぐんと増えるからなのか、所要時間約1時間から今や30分程度の量になっているのは、仕方がないことなのだろうか。

宿題の量について心配する保護者は、日本だけではないようだ。米国でも9月の新学期を迎えて、学校の宿題はないほうが子供の教育にとってプラスになるのか、それとも従来通り宿題は1学年ごとに一日10分増やしていく「一日10分間」方式が子供の学業に好影響を与えるのか、議論が巻き起こっている。

米国の公立小学校ではこの数十年間、子供の成績向上に効果があるとされる「一日10分間ルール」が、全国の基準として推奨されている。1日10分間ルールとは、小1年時の宿題は夜の10分間で済む量を出し、学年が上がる毎に宿題にかかる所要時間が10分間増えていく方式だ。5、6年生になると、1日2時間費やさないと終わらない量になる。PTAと教育委員会もこのルールを承認している。

米教育関係者や研究者の中には、宿題が小学生の成績に好影響を及ぼすとする相関関係は立証されていないとして、「10分間ルール」に苦言を呈す者もいる。全米の中でも、ニューヨーク州の一部の学区では、2015年度から宿題なしの方針を決定している。もちろん、この決定に抗議する保護者も少なからずいたようだ。また、マサチューセッツ州の一部の学区では9月の新学期からパイロット試験として、学校の授業時間を2時間延長する代わりに宿題を取り止めた。その理由は、4時に帰宅した子供たちがスポーツを楽しみ、家族との団らんの時間を持ったほうが健全に成長するからだという。1970年代から子供の宿題を巡る議論が浮上し、白黒つけることもできなかった。国際競争力を身に付ける教育方針が叫ばれた1990年代は宿題ありに傾いていたが、今ここに来て、宿題なしの傾向に向かっているというのが専門家の見解だ。

マサチューセッツ州の公立学校に通う私の4年生の姪は、毎日学校の宿題が10分間あると言っているが、その代わり3カ月間の夏休みや2週間の冬休みは、まったく宿題がない。とにかくよく外で遊び、スポーツをしている。その姿を見ると、わが息子にももっと体を動かしてほしいと願う一方で、宿題がないと勉強が遅れるのではという不安も感じる。宿題は本当に子供の成績につながるのか? 誰か答えを知っていれば教えてほしいものだ。

(参考:米タイム誌の8月号)

ロボットプログラミング教育~米国では

ロボットプログラミング

米国の大手書店の子供コーナーに行くと、目にするのが、「ロボットのプログラミング」*キットだ。色々な種類のプログラミングキットが、棚を占領するように山積みになって売られている。子供たちが夏に通うサマープログラムでも、ロボット・プログラミングのワークショップは欠かせないプログラムで、とても人気の講座だ。プログラミングを通して、論理力や思考力を養うだけでなく、数学や科学、エンジニアリングの力が身に付くと言われているから、米国でも、プログラミングを小さいうちから子供に習わせようと思う熱心な親が多い。米東部タフツ大学コンピュータサイエンス(CS)学部の調査によると、子供にとって発達段階に合った道具を与えれば、5歳からプログラミングを学習することは可能だという。

米国のコンピュータプログラミング教育を推進する民間団体の調査によると、保護者10人のうち9人の割合で、子供にコンピュータサイエンス(ロボット・プログラミングが入る)を学ばせたいと思っているというデータもある。コンピュータサイエンスを専攻した学生が社会人になった時に稼げる収入は、平均的な大学生の収入の4割増し。しかも2018年までには有望な専門知識になると言われているため、親は子供の将来のキャリアにつながると考えるようだ。米国の親も、日本の親と、教育への熱心さは変わらない。おそらく、日本の社会も、数年後には米国と同じようなキャリア志向になると思う。

グーグルやアップル、フェースブックと世界的なIT企業のある米国は、プログラミング教育の最先端と思うかもしれない。実は、プログラミングを含むコンピュータサイエンス(CS)が、小学校や中等機関では実施されていないところが多いのが実情だ。そのため、オバマ大統領は2016年1月、「全ての学生に仕事に役立つ実践的コンピューター科学と数学のクラスを導入する」ことを決定し、コンピュータサイエンスを小中学校レベルのコア科目とし、担当教員の専門的能力開発を支援する教育制度改革案を承認し、CS教育を推進している。実質上、教育方針は州法によって決定され、また学区によって教育予算も異なるために、プログラミング教育を実施していない学校もかなりある。全米53州のうち、実施している州は32州で、学校4校のうち1校しかコンピュータサイエンスを教科として設けていないというデータも発表されている。

米国では、学校や自治体がプログラミング教育を牽引するというより、民間の団体が企業の支援を受けてプログラミング教育を定着させようとする動きが加速化している。しかも、無償で子供たちや教育関係者がプログラミングを学べるようにシステム化されているところが、凄い。代表的な団体が、コードだ。日本語でもプログラミングを学べるので、ぜひhttps://code.org/にアクセスしてみて。

 

私も小規模ながら、6月11日に小学生~中学生を対象とした「英語で学ぼうロボット製作」と題したワークショップを主催した。東工大、お茶ノ水女子大、青学などの学生団体とのコラボ企画で実現したワークショップには、小学1年生~中学3年生まで36人が参加。それぞれチームで作ったロボットでレースを競い合い、こちらの予想をはるかに超えてすごく盛り上がった。

次回は、11月20日午前、東工大で実施します。ご興味のある方はご連絡ください。

 

*4~7歳向け:KIBO ロボットにブロックをつないで指示を与え動かす玩具

*対象すべての年齢: 

・Dash&Dot スマートフォンタブレットのアプリケーションとつないで動かす小さな目玉の形をしたロボット

Lego Mindstorm

 

(NY Times, Sep.272014, Education News 2015