AI教育 読解力が重要に

面白い問題を見つけました。次の問いに答えてみてください。

 

「幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた。」

上記の文が表す内容と以下の文が表す内容は同じか? 同じ、異なるのいずれかで答えなさい。

「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。」

 

全国2万人の中学生を対象にした学力調査の問題です。

答えは「異なる」です。中学生の正答率は、予想以上に低い57%。

中高生が、教科書を読んでも理解できないレベルになっていると、学校関係者は深刻な問題として受け止めているそうなのです。

 

この問題が、どうAIと関係しているのでしょうか? 

この学力調査は、AI研究の第一人者である、新井紀子先生が実施したものです(現在も継続)。問題は、その調査から抜粋したものです。詳しくは『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』新井紀子著、東洋経済新報社出版をご参考ください。

AIが苦手な分野が、この読解力だと先生は指摘しています。

f:id:futurekids-english:20180526114026j:plain

 

AIは、意味を理解してデータ蓄積しているわけではありません。膨大なデータを集積しても、限られた条件でしか応用できません。子供たちが学んでいる歴史や漢字などの暗記学習、算数は、AIが最も得意とすることだと言います。唯一苦手なのが、一読んで十を知る、推測するなどの読解なのだそうです。AIと共存していくうえで、何がこれから武器になるかというと、この読解力こそがカギを握るのだそうです。

この本を読みながら、その通りだと思いました。

問題なのは、子供たちに読解力が欠如しているということだそうです。教科書を理解できない、わかったつもりでいる、……。

有名私立校に通う子供たちも、例外ではないそうです。

まだ調査は継続しているので、これが正解ではないとは思いますが、とても興味深い本なのでぜひ読んでみてください。

f:id:futurekids-english:20180526114105j:plain

  

知識の詰め込みをして、子供たちに応用する能力が養われているのだろうか? 自分で考え出す力が身に付くのだろうか?と常日頃から疑問に思っています。かといって、中学受験で必要な、算数、理科、社会、国語のドリルを通して暗記学習に時間を割く、世のしくみを無視することは、とても勇気がいることです。今まではこれでよかったのでしょうが、これから同じような方法で通用するのだろうかという疑問もあります。

 

今は現実感がありませんが、10年もすれば、なくなる職業が今以上に増えていくはずです。小学生のわが子が社会人になる時には、就労者の半数が職に就けない可能性があるともいわれています。2013年のオックスフォード大学が調査した研究報告書には、702種に分類した米国の職業の約半数が消滅し、全雇用者の47%が失業のリスクがあると分析しています。

そんな大変な時代がやって来るのに、暗記型の学習に追われ、そこに追い打ちをかけるように大学入試にこれから必要になる英語の4技能「読む」「書く」「話す」「聴く」学習にと、四苦八苦して勉強した挙句、子どもたちの未来はどうなるのでしょうか?

この本では、「一に読解、二に読解、三、四は遊び、五に算数」が教育に必要と言っています。AI時代に備え、読解力を学ばせる学習塾も出ているようですが、読解力はこうすれば身に付くという科学的に裏付けされた決定打は今のところないと、この本は指摘しているので、要注意です。

色々な情報がありすぎて、翻弄されそうになりますが、文章を理解する能力、相手の言ったことを理解する能力、つまり、読解力を身に付けることは、何を勉強するにもあるいは生活していくうえで必要な土台になることは確かだと思います。そして、この読解力という土台は、英語学習にも生かせます。

親として、何ができるのか考える日々ですが、焦らず、ほんの少しでも、子どものために何かできればと思っています。 

 

 

3月4日のワークショップ、20人のお子さんが参加してくれました

3月4日日曜日、春を感じる暖かな日、英語で学ぼうシリーズ、第8弾「英語の発音・発声レッスン」を開きました。

講師のアネケ先生が、小学生1年~6年生まで各10人を部屋に招き入れると、そこから、物語がスタートします。

これから何が始まるのか、緊張した面持ちの子供たち。

子供たちのこころとからだをほぐすために、先生が始めたのが、ボディエクササイズです。

「みんなの前に、美味しそうなリンゴが樹になっているよ。ジャンプして、りんごをたくさん採ってみよう」

「いっぱい採れたよね。これをこれから向かう冒険に持っていこう!」

とりんごの一杯入ったカゴを持ち上げて、南の島へ行く準備をします。

 

「テーブルの上に並べられている、名前のカードと旅に参加するためのチケットを持ってきて」と言うと、子供たちはそれぞれの名前のイニシャルと同じカードを選んで、自己紹介の練習です。

カードに書かれたアルファベットの音、H,Sh, F, T, K, R, Sのアルファベットの音の出し方を一緒に口を動かして練習します。アルファベットの音、単語、自分の名前をワンセットにして、自己紹介をしたら、いよいよ本番の旅に出発です。 

南の島に到着したら、レジャーシートを広げて、その上にごろんと寝転がって、足を挙げたり、手を挙げたりして、リラックス。そこへ、ハチがやってきた!! 

「ハチは”Z”という音を立てて、みんなの回りを飛び回っているよ」

「あっちへ行って」、”F””F"と言いながら、ハチを追い払います。

「からだが砂まみれになったよ。腕に付いた砂を息を吹きかけながら落として」とアネケ先生が言ったら、みんな同じように、腕に息を吹き付けて、Fの音を口に出してみます。

寝転がって、お腹に手を置いて、アルファベットの音を口に出してみます。

「お腹は動いているかな? 英語を発音する時は、お腹から声を出すようにしてね」とからだで音を確認します。

f:id:futurekids-english:20180409183202j:plain

動き回った後は、ランチの時間です。

アネケ・カフェに行って、メニューからシーフード料理を注文します。

手渡されたメニューから選んで、英語でオーダーしてみます。さっき学んだFの音、

ちゃんとできるかな? Fish & Chips, Fried Shrimp, Fish Chawder, etc.

ランチの後は、鏡を持って歯磨きタイム。鏡で、口の動かし方を確認です。

 f:id:futurekids-english:20180409181742j:plain

午後は、皆でゲームタイムです。

みんなで釣った魚があまりにひどい臭いなので、みんなで魚を投げ合うというゲームです。投げる時に、早口言葉”Fresh Fish for You."を言うのが決まりです。

みんな早く投げようとするので、英語が口からスムーズに出ています! Fの音、完璧です!(アクションを付けると、スムーズに言葉が出るので、英語を学ぶ時は、アクションやリズムを付けると、はっきり声が出てよいかと思います)

 

あまりに興奮したので、旅を終える前に、ひと呼吸、リラックスタイムです。

また、レジャーシートに寝転がって、深呼吸します。

1時間半のセッションは、あっという間に終わりました。言葉を出すときに、お腹を意識するということ、おぼえておいてくださいね。日本語は、口を動かさないので、英語では、よく動かすということも、忘れないでね。

 

第8弾 英語で学ぼう「発音・発声レッスン」開催します キャンセル待ち受付中(2月27日時点)

小学生向けの英語で学ぼうワークショップ開催します! 1部参加者募集中です!

 

3月4日日曜日午後、スクエア荏原(武蔵小山)にて、
女性スピーチトレーナーのアネケさんを講師にお招きして、英語の発音と発声のレッスンを主催いたします。

アネケさんは、もともとドイツの劇団などで子供や大人の俳優にボイストレーニングをしていた経験がある方です。
現在は、日本人の発音と発声について、慶應義塾大学大学院で研究をされていて、
日本人が苦手とする口の動きや音について理解したうえで、レッスンをしていきます。

むずかしいレッスンをイメージされるかもしれませんが、塾や学校の授業とはスタイルはまったく異なります。

お子様全員が楽しく参加できるよう、アネケさんと子供たちが一緒に南の島を旅する設定でレッスンを進めていきます。
海で遊びながら、「サメが来た!」、「海の家で魚料理を注文しよう」、「砂浜に座って夕陽を見よう」などと、アネケさんが提案するシチュエーションに合わせて、一緒にカラダを動かして、声を出して、日本人の苦手な音、RやL、S、F、Vなどの音を上手に学んでいきます。

約1時間半のレッスンは、全員が創作ドラマを作り上げるような楽しい時間になるかと思います。

「英語が初めてのお子さま」も、「英語に慣れているお子さま」も、「人前で声を出して話せないというお子さま」も、英語の発声や発音の際のからだと口の動かし方を学ぶよい機会になるかと思います。

それでは、ご不明な点などございましたら、ご質問くださいませ。


レッスンは約1時間半。子供たち全員と接することができるように、人数は12人までとなっています。

開催日:3月4日(日曜日)

開催場所:スクエア荏原

     最寄駅・東急目黒線 武蔵小山駅

時間: 1部 午後1:15~2:45

    2部 午後3:15~4:45

参加費:1,500円

*レッスン中はお子様をお預かりいたします。3年生以下のお子様の送迎のみお願いしております。

お申込み、お問い合わせは:

フューチャーキッズ イングリッシュ 中沢まで。

future_kids_english@yahoo.co.jp

 

日本人の発声は、お腹から声を出す英語と違って、極端に言えば、口しか使いません。また、左右縦横に口を動かす必要がある英語と違って、日本語はそうした動きを必要としません。欧米人から日本人の声は小さくて聞き取りにくい、また日本人にとっては、欧米人の声は大きすぎるというのも、そうした違いがあるからです。英語がうまくなるには、まずはっきり音を出すことを学ぶ必要があります。

そのためにも、レッスンでは、口をよく動かして、Rの発音の時、またFの発音の時など口の動き方をお伝えできればと考えています。

f:id:futurekids-english:20180202154611j:plain

英語のレベルは? 一人参加でもOK? ワークショップFAQ

(参加するお子さんの構成は?)

イベントには、これまで小1~6年生までのお子さんが参加してくれました。

クラスは、大体男の子・女の子半々で15人まで、計28人前後(ワークショップの内容によって変わります)になります。6年生は少ないです。

一人参加のお子さんから兄弟、お友達と一緒のお子さんと様々です。品川区、目黒区、大田区、世田谷区在住のお子さんが中心になります。

 

 

(初めて一人で参加できる?)

正直なお話をしますと、ご両親に言われてしぶしぶ一人で参加するというお子さんもいます。

一人で不安を感じながらいざ参加してみると、チームで実験をしたり製作したりしているうちに、隣のお子さんと仲良くなって、一緒に笑い合っているというお子さんの様子をよく見ます。お子さんは、場に馴染み、初めてのお子さんと打ち解けるのが早いので、嫌がって参加を渋るのは最初だけかもしれません。

大人でも、初めての場所に行くのは気が重い時がありますよね。子供ならなおさら、初めての所に飛び込むのは、勇気のいることだと思います。

こちらでは、お子さんの性格や学年(リピーター)を理解したうえで、初めてのお子さんとチームを組ませたり席を決めたりして、配慮しています。

 

(英語のレベルは?)

英語を学校以外で習うのは初めてというお子さんのほうが、多いです。

英語教室に通っているお子さんも、英語が初めてのお子さんも、基本的なあいさつ、自己紹介をワークショップの前に必ず行います。あいさつは、コミュニケーションを取るうえで、基本的なことなので、英語で言えるようにレッスンします。(外国人に一人一人挨拶してもらう場合と、チームリーダーのスタッフに自己紹介してもらう場合とワークショップによって、やり方は変わります。)

「英語で学ぶ」ことで、英語を身に付けていくという趣旨があるので、ワークショップは、映像を見せながら英語で説明を行っています。また、英語のあとに続いて、日本語の説明を入れています。小学校や中学1、2年で習うレベルの英語、基本の言葉や表現を何度も繰り返し使うので、英語の単語を覚えるだけでなく、実際にどのようにして英語の単語を文章に使うのか、お子さんには英語をかたまりとして覚えてもらうようにしています。英語をかたまりとして捉えるということに、お子さんに慣れてもらうといったほうが、正確かもしれません。

むずかしい内容を英語で理解できるのか疑問に思われるかもしれませんが、お子さんは、文脈や状況、あるいは映像から講師の説明が理解できるようです。英語の単語だけ覚えても、どのように使うのか、単語の使い方を知らなければ、英語の文章にすることも、実際に外国人に話すこともままなりません。英語を理解して英語力を伸ばすには、一つ一つの単語がわからなくても、文章全体の意味を掴む能力が必要になっていくかと思います。

こういう趣旨のもとワークショップを行っていますが、短い時間の中で、お子さんが、「英語を話すことができた」、「英語が通じた」、「外国人講師の言うことがわかった」、という体験を一つでも持つことができるのが、最も大切なことだと考えています。そうした体験があれば、お子さんが英語に対する関心や英語を勉強したいという意欲を持つことにつながっていくのではないでしょうか。

 

英語のレベルは小学生なので、大差ありません。外国人は、子供に教えた経験がある方か子供に接するのが好き、しかも日本人の性質を知っているという方なので、ゆっくりわかりやすく説明してくれます。

リピートのお子さんの英語力や外国人とのコミュニケーション能力は、最初の頃よりは向上しています。

 

(これまでのワークショップ)

これまで以下のワークショップを実施しました。

・ロボットプログラミング (講師スタッフ 東京工業大学

・折り紙エンジニアリング (講師 明治大学先端数理技術研究センター)

・サイエンス実験「図形と数」 (講師 ロンドン大学物理学)

・麻布・外国人宅にて スイーツ作り (講師 英国人ケーキデコレーター)

・母の日フラワーアレンジメント (講師 英国人フラワーデザイナー)

・外国人を町案内 

 

 

f:id:futurekids-english:20180213220953j:plainf:id:futurekids-english:20180213220856j:plain

f:id:futurekids-english:20170609120322j:plainf:id:futurekids-english:20180213215707j:plain

f:id:futurekids-english:20180213221241j:plain

f:id:futurekids-english:20180213221359j:plain


 

(目的は?)

・外国人を見ても、恥ずかしがらず、あいさつができるくらいの自信と勇気を身に付けてもらうこと。また、外国人慣れしてもらうこと。

・自分の考えていること、感じていることを、相手に伝える表現力を身に付けてもらうこと。

・相手の目を見て話す、はっきりと話すという、基本のコミュニケーションスキルを身に付けてもらうこと。

お子さんが、英語を通して、何か自分の好きなことや興味を発見してもらえるよう、お手伝いができればと思っています。

以上、ご質問があれば、ご遠慮なくご連絡ください。

future_kids_english@yahoo.co.jp 中沢まで。

STEMからAI教育へバトンタッチ?

理数系の教育に重点を置くSTEMが脚光を浴び始めたと思っていたら、今度はAIと教育が注目されていて、親としては、振り回されないよう状況をよく見極め、判断したいものです。

AI専門家によれば、AIが2030年に人間の頭脳に追い付いて、教育だけでなく日常生活の至るところに導入される大変革期(第4次産業革命)になると言われています。AI時代に今の子供たちが生き残るには、子供のうちからAIにはない創造力、AIと共存するためのコミュニケーションスキル、適応能力、自ら行動する力を身に付けることが重要なのだそうです。

AIが解いてくれる算数の能力より、AIが苦手とする、創造力やコミュニケーション能力、人間が得意としているスキルの習得がこれからの学びのカギになるのでしょうか? これまでも子供に想像力や創造力を身に付けさせようと言われていましたけど、今後はもっと切実な問題になってくるのでしょうかね。

創造力を身に付けさせる方法は、散々言われてきたので想像がつきますよね。ですが、人間にしか発揮できないスキルをどうやって子供たちに身に付けさせればよいのでしょうか? そもそも、そのスキルとはどういうものなのでしょうか?

ヒントは、AI時代に生き残る職種や業種にあるのかもしれません。

続きは、次回。

 

f:id:futurekids-english:20180208135243j:plain

 

イベントのあと うれしい報告

約2年間で7回のイベントを実施してきました。

本当はもっとできれば良いのですが、シーズンごとの開催になっています。

毎回参加してくれる子供たちもいて、その子達を見ていると、子供たちがからだやこころが成長しているだけでなく、英語に対する向き合い方や学習態度が変化しているなと気づくことが多くあります。

 

最近で一番うれしかったのは、英語に興味がなかった小学生5年生が、自分で英語の勉強をするほどに、英語に興味がわいてきたというのです。それを聞いて、「やった!」と心の中で叫びました。やってきてよかったと思う瞬間です。

 

おとなしくて、日本語でもあまり話さない、表情の少なかった女の子が、英語で自分の名前を言って、外国人の先生に握手する様子や、ワークショップ中に笑顔になる瞬間を見ると、女の子がおとなしくてもどんどんと自分のことが表現できるようになっていく様子に、感動を覚え、幸せな気分になります。

 

保護者の方からお子さんの性格や学習面のことにお悩みとの声も寄せられることがあるのですが、ワークショップ中のお子さんの様子はまったく保護者の方が考えるお子さん像とは180度違うということがよくあります。

私も自分の子供の勉強や生活態度について悩みますが、他で見せる顔はまったく違うなんていう話を聞くことがあるので、ギャップがあるのは当たり前なのかもしれません。

 

私の役目は、英語や外国人と参加されるお子さんの橋渡し役だけでなく、保護者の方のお子さんの知らない面に気づいて、保護者の方にお伝えして、保護者の方のお子さんに対する見方に色を添えることも、あるのかと思っております。年数回のワークショップですが、少しでもお子さんと保護者の方のお役に立てればと思っております。

 

ぜひご意見やご要望をお寄せください。こんなワークショップを希望するでも結構です!

 

英語教育に必要な基本は? 発音?

日本人が英語を話すとき、ネイティブスピーカーのようにきれいな発音ができることよりも、大切なことがあると考えています。

 

1.はっきりと声を出すこと。Speak Up. Clear Voice.

2.相手の目を見て話すこと。Eye Contact

 

この2つは、日本人が苦手とするコミュニケーションスキルかもしれません。一つは、日本語の特性もあるでしょうし、相手の目を見ることの大切さを子供にあまり意識して教えないから、でもあるかと思います。

f:id:futurekids-english:20180204141904j:plain

あくまでも、今書いていることは、私が経験を通して、また学問を通して理解している範囲でのお話しです。

米国人でも、相手の目を見て話さない大人も子供もいます。親は、子供に常に「目を見て話しなさい」と注意しています。英語圏では、目を見て話さない人間に対して、信用がおけない人と考える文化があるからだと思います。よく欧米人から、「日本人は相手の目を見て話さない、何を考えているかわからない」と聞きます。それに加えて、日本人は小さな声で英語を話すので、外国人にとって、日本人が何を考えているか余計わからなくなるかもしれません。

そのことに気づかせてくれたのが、私の米国人の親友でした。

「Speak Up! 自信がない人と思われて相手にされないから、はっきり声を出して話さないとダメ」と当時20歳の私に注意して、私がはっきり声を出すまで、言い直させたのです。

彼女は、3歳の時に移民として米国に渡り、小学校1年生まで英語をぼそぼそ話していたら、誰も理解してくれず、先生にSpeak Upと教わったと話してくれました。

 

また、もう一人の米国人の友人は、飛び級をして博士号を持つほど優秀な移民の女性でしたが、コンサルティング会社のトップとして米国人を束ねる立場になり、「訛りのある英語だけと、弱弱しい声で話すと、部下にバカにされて誰も後についてこないから、わざと声を低くしてはっきりした大きな声で話す」と話していました。大きな声ではっきり話す人は、「自信のある人」というのが文化的価値観にあるからなのです。

 

簡単な短い文章であっても、はっきりとした声で、相手の目を見て話せば、相手もあなたのことを聞こうとしてくれます。また、身振り手振りを交えて伝えようと思う気持ちも、英語だけでなく外国語を学ぶうえで大切なことだと思うのです。

英語の読み書きの前に、声の出し方を学ぶこと、基本的なことを子供たちに教えることも大切かと思います。

たまたま今日(2月4日)読んだ朝日新聞の教育欄で、それを実践している長野県野沢温泉の学校の話が載っていました。年間11万人の外国人(6割がオーストラリア人)が訪れるこの町では、幼保小中一貫で英語教育を導入しているそうです。子供たちが外国人を前にしても、物怖じしないで、片言の英語でも話しかける様子が書かれていました。なぜ子供たちが尻込みしないのか? そのヒミツは、学校で毎回子供たちに教えること、

Big Voice (大きな声で)

Gestures (身振り手振りで)

Clearly (はっきりと)

Eye Contact (視線を合わせて)

も関係していると思いました。

この記事を読んで、この基本こそ大切なことだ、と益々感じています。

主催する子供たちのワークショップでは、そういうコミュニケーションスキルにも注意してできればと思っています。